引越し料金一括見積もり

ファミリー引越しのポイント

家族でのファミリー引越しを安くするポイント

 

家族でのファミリー引越しでは、単身引越しと比較すると、荷物も多くなりまずので業者によって見積もり額に大きな差が出てくることがあります。とにかく業者を比較することが大切になります。あとは単身引越しと同様に、『自分たちでできる事はする』『繁忙期は避ける』こういった点が重要になってきます。

 

ファミリー引越しでは、荷解きは自分でやると良い。

家族での引越し風景

 

まず最初に、引越しのタイプでは、【全てを業者に任せる】【一部を業者に任せる】といった選択ができます。

 

もちろんお金が許すのでであれば、全てを業者に任せる方が楽なのは違いありません。でも、そうすると金額的にかなり高くなるんですね。そこで管理人がおすすめするのは、『小荷物の荷解きを自分たちでやること』です。

 

 

もっと安くするなら、小荷物の梱包までを業者にお願いすることですが、管理人もやりましたが、ちょっとおすすめできません。それは、お皿などの梱包が意外と神経を使ってめんどくさかったからです。

 

つまり、費用対効果でみると、金額的には、安い方から言って

 

  1. 一部おまかせ(小物の荷造りと荷解きは、自分達でやる)
  2. 一部おまかせ(小物の荷解きのみ、自分達でやる)
  3. 全ておまかせ

 

という順番になります。逆に下へいけばいくほど、楽ということですね。このあたりは予算や時間次第だと思いますが、正直、引越し直前って公的な届の提出や、ご近所のあいさつ回りなど、かなり忙しいんです。

 

管理人もそうでしたが、引越し費用を抑えようとおもって、荷造りをしてみたらこれが意外とメンドクサクて、難しい。(しかも過去の思い出に浸って時間をロスしたり。。)

 

ということもありますので、そこそこ安い金額で少ない手間で引越すなら『一部おまかせ(小物の荷解きのみ、自分達でやる)』というのがいいプランかな、と思います。業者によっても違いますので、詳しくはこちらで一括見積もりしてみてください。

 

可能なら3月4月以外の平日に引っ越す

 

こちらも、単身者引越しと同様ですが、引越しにはシーズンがあります。

 

この3月上旬〜4月上旬の繁忙期ををずらすだけで、かなり料金を抑えることができます。例えば、2月上旬までに引越しできれば、3月の繁忙期と比較して3割〜4割くらい安くなることもあるんです。

 

これはつまり、2月なら10万円で引越しできるところ、3月の繁忙期にはいると15万円くらいにまで相場が跳ね上がることがある、ということなんです。もちろん週末に引越すよりも、平日の方が料金交渉しやすくなり、1、2万円くらいは変わってきます。

 

大きいですよね!?

 

この浮いた分を他につかってもいいし、上記の『一部おまかせパック』から『全部業者にお任せパック』にしてもいいし、選択肢は広がりますよね。少しでも安く引越しするために、引越しの日取りについても意識してみましょう。

 

多くの引越し業者を比較する(見積もり競争をさせる)

見積もりのオペレーター画像

この比較することにより、引越し料金をだいぶ抑えられるというのは、単身者の引越しよりも大切になってきます。

 

というのも単身者の引越しでは、荷物の量などもある程度決まっており、あまり業者の間で大きな価格差は発生しずらいんです。一方で、ファミリー引越しなら、荷物も多くまた料金が変わる要素も多くあるために、交渉次第で、だいぶ料金に差が出てくるんです。

 

業者を比較するなんてメンドクサイ。

 

そう思うかもしれませんが、ネットで紹介しているサービスを使えば、1社に見積もりを依頼するのと同じ手間で、あなたの地域にあった業者に一括で見積もりを打診することができます

 

その後、数社から電話がかかってきますので、あとはもっともあなたのプランに合った見積もりを提示してくれる業者と契約するだけなんです。

 

では、ここまで書きましたが、ファミリー引越しを安くする3つのコツをまとめますね。

 

  • 荷物の開梱くらいは自分たちでやる。
  • 引越しは繁忙期を避け、できれば平日に。
  • 一括で業者に見積もりをし、安いところを選ぶ。

 

見積もりの開始ボタン


失敗しない業者選び 単身引越しプラン ファミリー引越しプラン 引越し手続き 引越しの豆知識