不要になった布団の処分方法

布団は市のゴミセンターに直接持ちこみましょう

わたしが居住している市では、布団の処分方法として粗大ゴミの収集があります。市の担当課にお電話をして、こちらの住所や氏名と日時を言います。そして粗大ゴミとして収集してほしい物の名前を伝えます。すると市で収集出来ないものがあれば、その物の処分できる方法や連絡先も教えてもらえます。たとえばパソコンや、冷蔵庫などのリサイクル対象品などです。

 

連絡先としては、リサイクル協会や我が家が購入した電気店に、連絡してくださいと言われたこともあります。我が家では布団を数回、この処分方法を利用しています。家族が多いとその分布団の枚数も増えるので、市の粗大ゴミセンターにはお世話になっています。布団と言っても敷き布団や、掛け布団、マットレス、毛布、羽毛布団など色々な種類があります。

 

よく布団のクリーニングをしますよと、まわってこられますが我が家では、一度も利用したことがありません。一度説明を聞いたことがありますが、料金をみると結構高価でした。この値段なら新品を購入した方がいいと判断しましたので、それ以来この処分方法と決めています。以前居住していた市でも粗大ゴミとして収集してもらえました。そのころは無料だったように記憶しています。

 

一方で、現在居住している市では、布団でもなんでも粗大ゴミを、収集してもらうのに料金が必要です。最低300円から大きなものになると2400円とか300円単位でシールを購入して貼ります。何度か布団をこの取りに来てもらう処分方法を利用しましたが、ゴミセンターの方が持ち込んでもらうと安くですみますよと教えてくれました。何度か利用してみて収集金額が高いと私が言ったので、直接ゴミセンターに持ち込む処分方法もありますよと、教えてくれたのです。

 

それ以来何度か直接ゴミセンターに持ち込みましたが、やはり料金がかなり節約できました。布団も枚数があるので一枚ごとの料金だと高くなっていましたが、直接持ち込むと全体の重さで料金が決まりますので、かなりお得になるのです。これからも車の運転が出来る間は、自分で持ち込む処分方法でいきたいと思っています。

 

このように布団の処分方法に限った話しではありませんが、住んでいる地区によってずいぶんと処分方法は異なってきます。

 

そこでまずは、お住まいの市に電話で問い合わせるか、自治体のホームページに記載してありますので、詳しくチェックしてみてくださいね。

不要になった布団は市のごみセンターへ関連ページ

マットレスの処分方法
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!
いらない食器の処分方法
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!

失敗しない業者選び 単身引越しプラン ファミリー引越しプラン 引越し手続き 引越しの豆知識