引越し料金一括見積もり

 引越しはかなり手間がかかることです。転勤が多い人は別として人生の中でそんなに多く体験しないことだと言えます。そんなときに知っておきたい手続きについてここでは紹介していきます。

 

まず、引越しが決まったら今住んでいるお部屋が賃貸物件だとしたら解約手続きをしなければなりません。引越しの荷造りはどうするのか、不用品の処分はどうするのか、引越し会社はどこにするのかを早めに確認しましょう。

 

 引越しが決まったら、その日時を決めないといけません。もちろん人によっては引越し日がこの日でないとだめだという人もいます。その場合は仕方ないといえますが、それ以外の場合は引越し会社を決める際に柔軟に設定しましょう。

 

 お部屋の掃除もしなくてはいけません。退出後に必ず専門業者によるクリーニングがされるものですが、お部屋の掃除は礼儀です。部屋の明け渡しの際に不動産管理会社や大家さんのイメージもよくなります。掃除機をかける、雑巾をかけるなどという最低限の掃除はやっておきましょう。

 

 引越しの荷造りも大変です。これは引越しの際に一番めんどうな作業だといえます。普段は着ない服から食器にいたるまで、全部梱包しないといけません。ここで気をつけたいのが、不要なものはどんどん処分することです。荷物が減れば、引越し先でも楽になりますし、引越し料金も安くなります。また、ダンボールは引越し会社に頼むと無料でくれることがあります。ダンボールも生活用品店などで買うとけっこうな額になりますね。これを無料ですますことができるならそれに越したことはありません。

 

 また、引越し先の隣近所には事前に挨拶をしておくと引越しの際に少々騒音が出ても気分を害することがありません。早めに挨拶はすませておきましょう。挨拶のときに持っていくものとしては、タオルやキッチン用品など500円程度のものが妥当です。あまり豪華なものはかえって負担になるので避けましょう。

 

 引越しはこれだけではありません。以下に書く事柄すべてをきちんとしなくてはなりません。

 

 まず、転出届を出すことです。現在住んでいる市町村役場で手続きを行い、「転出証明書」を発行してもらい、引越し後に、引越し先の市町村や玖波で転入届の手続きをする際にこの転出証明書が必要になります。紛失しないよう気をつけましょう。

 

また電気の手続きも必要です。引越しが決まったら電力会社に連絡して引越しの手続きを行いましょう。電力会社への連絡は最悪当日でも可能ですが、余裕をもって1〜2週間前までには終わらせておくと安心です。

 

ガスの手続きも必要です。引越しが決まったらガスの使用中止の手続きを行わなければなりません。また、引越し先のガス使用開始の手続きも必要です。

 

 水道の手続きも必要です。水道の使用中止の手続き、引越し先での水道の使用開始の手続きをしなければなりません。郵便局へ転出届を出すことも必要です。この手続きを行うと、1年間、旧住所あての郵便物が新住所に転送してもらえます。固定電話の移転手続きも必要です。「116」に電話し、固定電話の移転手続きを行いましょう。

 

引越しに必要な手続きについて関連ページ

挨拶まわり
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!
自動車の引越し手続き
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!

失敗しない業者選び 単身引越しプラン ファミリー引越しプラン 引越し手続き 引越しの豆知識