家具の分解

捨てる事ができるものは、捨てる

多くの人が引越し費用を安くしたいと思うものです。私が以前に引越し会社に勤めていた経験で言うと、安くするコツは家具の分解と積み切りです。まずは家具の分解についてお話しします。引越し会社の料金はトラックの大きさによって決まります。

 

一人暮らしで荷物がほとんど無いという人は赤帽の1トン車でも十分ですが、引越し会社に頼む場合は2トン車が一番小さいトラックになります。さらに荷物の量に応じて2トンロング車、3トン車、4トン車とトラックのサイズが大きくなっていきます。

 

目安としては、一人暮らしのワンルームのお引越しは2トン車、ワンルームでも2人暮らしの場合は2トンロング車、2LDKクラスですと3トン車、3LDKになると4トン車です。引越し会社では、引越し当日に万一荷物を積み切れないと大きなトラブルになりますので、平均よりも荷物の多いお客様の場合はワンサイズ大き目のトラックを提案します。ここからが引越し費用を安くするコツになります。極力荷物の量を減らすことです。

 

捨てられるものは思い切って捨てましょう。また自分でも運べるものは自分で運びましょう。自転車があれば新居に乗っていきましょう。さらに購入時に組み立て式だった家具は分解しておきましょう。このことで荷物の量を減らすことができます。

家具を分解して積み切れば、引越し料金は安くなる!

引越し費用を安くするコツは極力荷物の量を減らすことです。荷物の量を減らすうえで効果的なのは、組み立て式の家具を購入時と同じように分解しておくことです。カラーボックス、ラック、パソコンデスク、パイプハンガー、ベッドの枠などはお客様自身で分解しておくとトラックの荷台のスペースを有効に使えます。

 

特に収納家具で組み立て式のものがあれが分解しておくことをお勧めします。タンスなどの収納家具は空気を運ぶと言ってもいいくらいトラックの荷台のスペースを取りますので、収納家具が分解できれば一気にスペースを稼ぐことができます。とは言っても、引越し会社としては荷物をすべて運ぶという責任がありますから、家具を分解しておくので小さい方の車にしてくださいと言ってもなかなか同意しないと思います。そこで引越し費用を安くするコツをもうひとつお教えします。それは積み切りでお願いしますと言うことです。

 

積み切りというのは、引越し会社が用意したトラックに積めるだけ積んで、積み残った荷物が出た際には、残りの荷物はお客様で運ぶという契約形態です。最初から積み切りということをお客様から提案すれば、引越し会社でも小さいサイズのトラックを用意してくれるはずです。

 

このようにして、引越し料金は、荷物を如何に減らすかがポイントになります、

 

捨てれるものは、捨てる。
自分で運べるものは、運ぶ。
分解できるものは、分解して小さく。

 

 

この3つをすれば、家族引越しなどで荷物が多い場合には、数万円は安くなるかと思いますよ。ただし、もとから荷物が少ない単身パックや、またそんなメンドクサイことやってられない、という人は、作業料だと思って、感謝をこめて引越し会社さんに渡せばいいと思います。

 

引越し費用を安くするコツは家具の分解と積み切り関連ページ

原付のガソリンを空にする方法
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!
バイクの引越し方法
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!
冷蔵庫の動かし方
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!
担任の先生へのあいさつ
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!
一人暮らし物件への引越し
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!
失敗しない引越し会社の選び方
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!
引越しの挨拶にQuoカード
お得に引越しするなら引越し料金を一括見積もりするのが一番!

失敗しない業者選び 単身引越しプラン ファミリー引越しプラン 引越し手続き 引越しの豆知識