引越し料金一括見積もり

一人暮らしの場合の引越しシミュレーション

単身者(一人ぐらし)の引越しを安くするポイント

 

単身での引越しは、荷物も少なくあまり業者によって料金に差がでてきません。そこで引越し日をズラしたり、自分でできることを自分でするだけでかなり料金を抑えられます。ここでは単身者の引越しのコツと単身者向けに人気の引越し業者を紹介します。

 

出来る限り自分で作業をすすめる!

 

単身者の引越しではそれほど荷物は多くないですよね。引越しの料金というのは、距離と荷物の量、引越し日によって同じ業者でもかなり異なってきます。

 

そこで、単身者の引越し費用を抑える一つ目のポイントとして、運ぶ荷物を極力減らすということがあります。

 

55インチのTV
まず最初に大型の家電について。いくら単身とはいえ大抵の方は、テレビと冷蔵庫と洗濯機は持っていると思います。それら大型家電ですが、まず業者さんが何人で運べるかを考えてみてください。

 

例えば、テレビ。32型くらいまでなら一人でも運べますが、それ以上になると厳しいかと思います。例えば、私の知人でも55インチのテレビを1Kの部屋においている人がいますが、あれはアウト。一人では運べないですよね。

 

他にも大型といえば冷蔵庫。これも単身者用の2ドアの冷蔵庫や1ドアの冷蔵庫であれば、業者さんが一人で運ぶのは可能です。

 

でも、もしあなたが3ドア以上の大きな冷蔵庫をもっていると2人はいないとはこべないでしょうし、単身者用に軽トラックでの引越しを考えていたとしても、3ドアの冷蔵庫は立てて積載出来ないために、横にするため幅を取り他の荷物を減らさない限り、もっと大きな(つまり高額な)トラックにする必要がでてくるんですね。

 

大型の洗濯機

洗濯機に関しても、2層式の5〜7kg程度の物であれば、1人で運ぶことができるでしょう。でも、こちらのような20Kg以上もあるような乾燥機付きの洗濯機では、2人居ないと出し入れができないでしょう。

 

このように、まず最初のポイントとして大型の家電がどの程度あるかによって変わってきます。引越し費用を抑えるために、家電を捨てるなどは本末転倒ですが、もし買い換えなどのタイミングがあえば、費用低減につながる一番のポイントではありますので、検討してみてください。

 

他にも、もう読まなくなったマンガであったり、使っていない趣味の小道具(スノボの板、ゴルフクラブ、スキューバダイビング機材などなど)があれば、良い機会ですのでヤフオクで転売するなど、処分するのもアリだと思います。

 

引越しの繁忙期を避け、平日にお引越し

引越しの時期をズラせないか検討中

4月からの転勤や、親元を離れての大学生活。学生生活を終えての里帰りなどなど。

 

このように、単身の引越しが一番多く発生するタイミングが、3月の上旬から4月中旬になり、引越し業者にとっても繁忙期になります。

 

こ引越しの繁忙期は、当然のことながら料金は高くなる傾向があります。高くても、それだけニーズがあるということですね。

 

特にこの時期の週末の引越しは、予約すらなかなか取れないので、もし平日に引越しできないのなら、できるだけ早く予約をしておかないといけません。

 

いずれにせよ、この、3月中旬から4月中旬にかけての1か月は、料金が高くなるのは避けられません。そこで、一人暮らしということで、ある程度の引越しスケジュールに幅を持たせられるのなら、なるべく早めの2月〜3月初旬、もしくは繁忙期が過ぎてからの4月中旬からゴールデンウィークの間などに時期をズラせないか検討してみましょう。

 

合わせて、さらに安くするなら平日の時間指定無しタイプを選択したり、仏滅の日をえらぶなど、引越し業者の都合に合わせて交渉すると、さらに安くできる余地はあると言えます。

 

見積もりの開始ボタン


失敗しない業者選び 単身引越しプラン ファミリー引越しプラン 引越し手続き 引越しの豆知識